上 から 読ん でも 下 から 読ん でも 同じ 言葉。 回文(かいぶん、言葉遊び)、上から読んでも下から読んでも同音(和歌、俳句、和文、英文)、七福神宝船(初夢)と回文歌(ながきよの とをのねぶりの)、とは(2011.8.24): 歴史散歩とサイエンスの話題

思わず笑ってしまう回文、教えてください!

読ん 同じ でも でも から 言葉 読ん 下 上 から 読ん 同じ でも でも から 言葉 読ん 下 上 から

🤗 この他にも、「草々の 名は知らぬらし 花守も 名は知らぬらし 花の咲く咲く( くさくさの なは しなぬらし はな もりも なは しなぬらし はな のさくさく)」、「桜木の 訪ひし 香りは 花の園 縄張り侵し 人の気楽さ( さくらきの とひし かおりは はな のその なは はりおかし ひと のきらくさ)」などが知られています。 感謝していますよ。 いいえ、nabayoshさんは私と同じで、実は真からの真面目人間なのは分かっていましたよ。

11

回文は「言葉のパズル」-「かな」でことば遊び その6

読ん 同じ でも でも から 言葉 読ん 下 上 から 読ん 同じ でも でも から 言葉 読ん 下 上 から

⚐ 逆さことばの泉 あかるいは「いるかあ」 味の素 あじのもと は「友の事あ」 いかは「貝」 石燈篭 いしどうろ は「ろうどしい」 美しい音ね、いいわは「わいいねとおいしくつう」 馬 うま は「舞う」 カードは「どーか」(どうか) かたみは「見田か」・「三鷹(地名)」 キスは「好き」 狐火 きつねび は「微熱気」 京都 きょうと は「塔良き」 きのなは「花の木」 くすりは「リスク」 くるまは「まるく」 袈裟 けさ は「酒」 胡麻 ごま は「孫」 強飯 こはめし は「締め箱」 今朝 けさ は「咲け」 桜木 さくらき は「氣楽さ」 スタミナは「涙す」、「名満たす」 角 すみ は「ミス」 はなおは「お縄」 ひとは「問ひ」 ふくろうは「洞空(うろくう)」 補欠 ホケツ は「付け簿」 待 ま つは「妻」 ミルクは「胡桃」 息子 むすこ は「子住む」 めだまは「まだ目」 元 もと は「友」 焼き魚 やきさかな は「長崎屋 ながさきや 」 雪 ゆき は「消ゆ」 力士 りきし は「仕切り」 留守 るす は「する」 わたしは「したわ」 *ここに掲載した「逆さことば」は、みんなで使って、楽しみながら殖やしていきましょう。 17 971• 連歌や俳諧では、五七五あるいは七七の句で回転すれば良いので、ずっと作りやすくなります。

8

思わず笑ってしまう回文、教えてください!

読ん 同じ でも でも から 言葉 読ん 下 上 から 読ん 同じ でも でも から 言葉 読ん 下 上 から

♥ ストレスがたまる。 里の竹やぶに雪が白くかかる。

4

回文21面相

読ん 同じ でも でも から 言葉 読ん 下 上 から 読ん 同じ でも でも から 言葉 読ん 下 上 から

😁 次の空欄(い)(ろ)にそれぞれ文字を入れて下さい(文字数も考えて下さい)。 314• 88 157• まだ、ある。 0 371• これに反応して登場しました。

13

回文

読ん 同じ でも でも から 言葉 読ん 下 上 から 読ん 同じ でも でも から 言葉 読ん 下 上 から

⚡ さっきも、ある方が『ヤクルトは強いわよ』と書いておられたのを、反対から『ヨワイヨ・・』と読んでいる自分に気がついて一人で笑ってしまいました。

4

回文

読ん 同じ でも でも から 言葉 読ん 下 上 から 読ん 同じ でも でも から 言葉 読ん 下 上 から

🤞 これを4人で切っているわけですから、1人あたり、河に切っている枚数が、17or18牌ということになりますね。 156• shino911さん、復活のご回答誠にありがとうございます。

16