シェル スクリプト if else。 【Shellスクリプト】条件分岐「if」「case」について!

【シェルスクリプト】(条件分岐)if文

If シェル else スクリプト If シェル else スクリプト

😉 if文とは if文とはプログラムにおいて、 処理を分岐するために使用する機能になります。

8

Bashでif~then~else~fi文使う場合に忘れちゃならないこと

If シェル else スクリプト If シェル else スクリプト

😁 [a - z]:変数の値が小文字のアルファベット「a~z」のときにマッチします。 [ - ]で設定した範囲の文字や数字にマッチします。

【シェルスクリプト】(条件分岐)if文

If シェル else スクリプト If シェル else スクリプト

⚓ で、直前に終了した命令が正常終了したかどうかを評価する 比較演算子• この比較が一番使用するケースが多いでしょう。 -ne : not equal• " fi カレントディレクトリに適当なファイル(例えば test. シェルスクリプトでも If文などの条件分岐やfor文などの繰り返し構文が利用できるので簡単なプログラミングが可能です。

【 条件によって処理を分ける「if」 】

If シェル else スクリプト If シェル else スクリプト

⚓ ちなみに、readを利用することで、キーボードからの入力を変数に代入する ことができる。 演算子 説明 数値1 -eq 数値2 数値1と数値2が等しい場合は真 数値1 -ne 数値2 数値1と数値2が等しくなければ真 数値1 -ge 数値2 数値1が数値2以上なら真 数値1 -gt 数値2 数値1が数値2より大きい場合は真 数値1 -lt 数値2 数値1が数値2より小さい場合は真 数値2 -le 数値2 数値1が数値2以下なら真! オプション 意味 -b ファイル名 ファイルがブロック型デバイスならば真 -c ファイル名 ファイルがキャラクタ型デバイスならば真 -u ファイル名 ファイルにuidビットが立っていたら真 -g ファイル名 ファイルにgidビットが立っていたら真 -k ファイル名 ファイルにstickyビットが立っていたら真 -S ファイル名 ファイルがソケットならば真 -p ファイル名 ファイルが名前付きパイプ(FIFO)ならば真 -t num ファイルディスクリプタnumが端末ならば真 -t 0 標準入力が端末であれば真 -t 1 標準出力が端末であれば真 -t 2 標準エラー出力が端末であれば真 参考:. bash-2. 比較を行う場合、文字列と数字とで使用する記号が異なりますので、 注意しましょう。

3

【 条件によって処理を分ける「if」 】

If シェル else スクリプト If シェル else スクリプト

🚒 をすぐに一時変数に代入してやれば、期待通りの結果が得られます。

4

【Shellスクリプト】条件分岐「if」「case」について!

If シェル else スクリプト If シェル else スクリプト

🤝 どういうこと? こういうことです。 " read -p "文字を入力してください。

9

シェルスクリプトの条件分岐(if/then/else)

If シェル else スクリプト If シェル else スクリプト

✊ if [条件式]; then 分岐処理1 fi 本記事は「ShellScriptでのif文書き方」について書いています。 July 26, 2017 に投稿された カテゴリ: ,• ここでは実行するコマンドの例として echoコマンドを使用しているが、もちろんこのコマンド以外のコマンドも使用できる。

18