南 院 の 競 射 敬語。 大鏡競弓競べ弓競射道長伝ノ四品詞分解現代語訳全訳

古文、「大鏡」ー弓争いー弓争いの敬語の敬意の方向をできるだけ教えて欲し...

の 射 競 院 敬語 南 の 射 競 院 敬語 南

🤟 でたらめの方向を射なさったので、中関白殿(=道隆)は青ざめてしまった。 (限定)~だけ。

5

「南院の競射」についてです。43個の敬語の敬意の方向(誰から誰に)...

の 射 競 院 敬語 南 の 射 競 院 敬語 南

📲 また、品詞分解をし、敬語の意味を持つ語があれば、すべて抜き出し、敬語の種類と誰から誰に対しての敬意の表現であるかを答えよ。

大鏡 競べ弓 問題(1)解答

の 射 競 院 敬語 南 の 射 競 院 敬語 南

🍀 直後に尊敬語があるので文脈判断により尊敬の意味でとらえる。

1

大鏡 競べ弓 問題(1)解答

の 射 競 院 敬語 南 の 射 競 院 敬語 南

👌 オ.道長はもう2回射なければならないという勝手なルールが追加されたから。 ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形 (道長は伊周よりも)階級の低い方でいらっしゃったが、先にお立て申して、(道隆が道長に)まず射させ申し上げなさったところ、 帥殿の矢数、いま二つ劣り 給ひ ぬ。 動作の主体であるこの殿(道長)を敬っている。

12

大鏡 競べ弓 問題(1)

の 射 競 院 敬語 南 の 射 競 院 敬語 南

🤘 動作の主体である道隆を敬っている。

大鏡競弓競べ弓競射道長伝ノ四品詞分解現代語訳全訳

の 射 競 院 敬語 南 の 射 競 院 敬語 南

✌ また、入道殿射36[たまふ]とて、「摂政・関白すべきものならば、この矢当たれ」と37[仰せ]38[らるる]に、初めの同じやうに、的の破るばかり、同じ所に射39[させ]40[たまひ]つ。 おっしゃる、お言いつけになる、言いつける。 立て=タ行下二段動詞「立つ」の連用形、立てる、立たせる。

19

「南院の競射」についてです。43個の敬語の敬意の方向(誰から誰に)...

の 射 競 院 敬語 南 の 射 競 院 敬語 南

🤪 中の関白殿、また御前に15[候ふ]人々も、「いま二度延べ16[させ]17[たまへ]」と18[申し]て、延べ19[させ]20[たまひ]けるを、やすからず21[思しなり]て、「さらば、延べ22[させ]23[たまへ]」と24[仰せ]25[られ]て、また射26[させ]27[たまふ]とて、28[仰せ]29[らるる]やう、「道長が家より、帝・后立ち30[たまふ]べきものならば、この矢当たれ」と31[仰せ]32[らるる]に、同じものを中心には当たるものかは。 直後の「給ふ」も同じ。

9